【S10】白単「鍛えられた鋼」デッキを紹介

【S10】白単「鍛えられた鋼」デッキを紹介

白単鍛えられた鋼をキーカードとしたパワーあふれるアグロデッキ!

今期Season10になって、PDで初めて使用可能となった《鍛えられた鋼/Tempered Steel》。スタンダードでも活躍し結果を残したカードです。

「鍛えられた鋼」の画像検索結果

今回紹介する「白単鍛えられた鋼」デッキはアーティファクトを強烈に強化する《鍛えられた鋼/Tempered Steel》を活かす、アーティファクトを主軸としたアグロデッキです。《鍛えられた鋼/Tempered Steel》の後に発売されたエキスパンションであるカラディシュブロックで大いに強化された姿は当時のデッキすら凌いでいるかもしれません。

デッキリスト Tempered Steel by xinlisupreme

Creatures (17)

4:《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》image
2:《Roterothopter》image
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》image
4:《鋳造所の隊長/Chief of the Foundry》image
3:《脊柱の飛行機械/Spined Thopter》image

Spells (8)

4:《霊気装置の展示/Servo Exhibition》image
4:《スラムの巧技/Sram’s Expertise》image

Artifacts (7)

4:《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》image
3:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》image

Enchantments (4)

4:《鍛えられた鋼/Tempered Steel》image

Lands (24)

4:《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》image
1:《絡みつく砂丘/Grasping Dunes》image
19:《平地/Plains》image

Sideboard (15)

2:《ひっかき爪/Scrabbling Claws》image
2:《太陽の槍/Sunlance》image
4:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》image
2:《石の宣告/Declaration in Stone》image
2:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》image
3:《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》image

【海外HP】【.txt Download】

デッキ解説

理想的なムーブは1ターン目《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》、2ターン目《霊気装置の展示/Servo Exhibition》、3ターン目《鍛えられた鋼/Tempered Steel》といった4ターン目にはパワー3が3体で攻撃する動きです。

「模範的な造り手 hareruya jpn」の画像検索結果「霊気装置の展示」の画像検索結果「鍛えられた鋼」の画像検索結果

さらに、4ターン目《スラムの巧技/Sram’s Expertise》、5ターン目《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》と後続が続けばそのまま相手のライフを削り切れるでしょう。

「スラムの巧技」の画像検索結果「高速警備車」の画像検索結果

飛行クリーチャーも充実しており、地上で足止めされても最後の一押しを狙いに行けることが、強さの一翼を担っています。土地である《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》はマナフラッド受けも兼ねており、このデッキとの相性が抜群の土地です。

「Roterothopter」の画像検索結果「きらめく鷹の偶像」の画像検索結果「領事の鋳造所」の画像検索結果

 

「白単鍛えられた鋼」デッキは今期、既にトーナメント入賞やLeague5-0常連であり、トップTierの強力なデッキなので、このデッキに勝てなければトーナメント上位入賞は難しいでしょう。サイドボードのみでなく、メインデッキからこのデッキを意識した調整とすることも大きな意味を持ってきそうです。

【S10】デッキ紹介カテゴリの最新記事